明治時代に誕生した牛めしと呼ばれていたものが原型!?牛丼の役立つ豆知識を幅広くご紹介

気軽にしかも安く食べることができる、このような理由から牛丼店を利用する人は多いのではないでしょうか。従来は男性が利用するお店といった認識もありましたが、最近では女性が一人で利用することも多くなっていてお店側も女性に喜ばれるメニューを用意するなど取り組みも行われています。牛丼は、丼にご飯を入れてその上に牛肉や玉ねぎなどを食材にして甘辛く煮込んだ具材をかけた牛めしが元祖で明治時代に現在の牛丼チェーンの創業者が牛丼と名付けたのが始まりです。

牛丼はいつ誕生した?誰が考案したのか?

牛肉は、文明開化を象徴する食材であり、その牛肉とお米がどんぶりとして一体化したのが牛丼です。この明治生まれのファストフードはいったいいつ、誰の手によって考案されたのでしょうか。 1899年(明治32年)に大阪から上京した吉野家の創業者である松田栄吉は、料亭の職人でしたが、おいしいものをお腹いっぱいお客さまに喜んで食べてほしいという思いで当時はやっていた「牛めし」に目をつけました。そして、魚河岸で働く人の嗜好特性を踏まえてこの丼を考え出し、お店を始めました。その後、1923年(大正12年)の関東大震災で東京が壊滅的な被害を受け、多くの牛丼屋や牛鍋屋が閉店に追い込まれました。そこに関西風の「すきやき」が持ち込まれ、現在のようなしょうゆ味の牛丼が誕生しました。つまり、牛丼は西洋の食材である牛肉と日本という東洋の島国の主食であるお米が組み合わさっただけではなく、日本の東と西の文化が影響しあって生まれた食べ物だと言えます。

そもそも牛丼とはどのようなものかその定義は?

牛丼は、牛肉とタマネギなどを甘辛く煮込んだものを丼に入れたご飯の上にかける日本特有の丼物といった定義があります。また、牛丼の原型となるものは牛鍋を丼飯にかける牛めしと呼ぶもので、明治時代に誕生したといわれています。明治32年(1899年)に現在の大手牛丼チェーン店の創設者がそれを牛丼と名付けたのが始まりです。そのため、120年以上の歴史がある食べ物といっても過言ではありません。 ちなみに、チェーンは全国にどのくらいの数があるのか気になる人も多いかと思われますが、2017年時点でのチェーン店舗数調査では全国に4,528店、地域平均で約96店舗といわれています。その中でもお店の数が多いのは東京の886店で最も少ない地域は鳥取県や島根県(13店)や高知県(12店)です。人口10万人あたりの店舗数は東京が6.6で、最も少ないのは長崎県の1.2です。設置数だけで見ると島根・鳥取・高知が少なめですが人口密度などを踏まえると順位が変わります。

牛丼店は全国にどれくらいのお店の数がある?

街中を歩くと、だいたいとこにでも牛丼店があるものですが、日本全国にはいったいどれくらいの数のお店があるのでしょうか。ある調査によると、大手チェーン店に限ればだいたい約5000店舗あるとされています。この数字だけだと、これが多いのか少ないのかはちょっと分かりにくいかもしれません。コンビニは全国に約6万店舗あるとされているので、それに比べれば少ないですが、コンビニと牛丼店はちょっと性格が違うので、比べてもあまり意味はないかもしれません。同じ飲食店ということでいうと、焼肉チェーン店が約3000店舗、寿司チェーン店が4000ちょっとくらいとされていますから、牛丼店はかなり多い方です。ちなみに牛丼業界は、ほとんど大手チェーン店で占められていて、中小業者が入り込むのが難しいとされています。中小業者が入り込みにくのは、資本力がものをいう業界だからかもしれません。在庫回転率が悪く、価格競争も激化しており、資本力がないと話にならないわけです。

牛丼チェーンが最も多い地域と少ない地域

牛丼と聞いたとき、カロリーが高いイメージを持つ人も多いかと思われますが、一般的に並盛で1杯あたり600~680kcalです。成人男性の1日の摂取カロリーは2,600lkcalで女性は平均1,800kcalといわれているので、ダイエット中の人でも安心して食べることができるのではないでしょうか。ただ、牛丼の中でも汁はカロリーが高めといわれているのでつゆだくには注意が必要です。また、毎日食べると栄養バランスも悪くなるのでたまに利用するくらいがちょうど良いわけです。ところで、東京都内には数多くの牛丼チェーン店があり、駅の改札を抜けた場所に店舗を構えているところも少なくありません。電車を降りて家に帰る前に食事をしたい、できれば家に帰ってゆっくりテレビを見たいなどの理由でお店に立ち寄る人も多いことでしょう。東京は日本の中でも牛丼店が最も多い地域で、最も少ないといわれているのは鳥取県や島根県といわれています。

牛丼チェーン店がうな丼を売る理由とは?

大手牛丼チェーン店もメインとなる牛丼だけでなく、うな丼などを提供しているお店も多くなっています。それぞれ異なる料理になりますが、2つを売る訳には意外な秘密が隠れているのです。ウナギは単科が高いので利益率が良く、基本的に単品で頼むため回転率も下がらない、さらに調理済みのパック詰めで入荷されるそれを店内で温めて盛り付けるなどの流れになります。材料は、ウナギ・タレ・ごはん、この3つになるので廃棄ロスがないといった利点もあります。ちなみに、土用の丑の日は鰻を食べる習慣がありますが、この時期は価格が高いですが、土用の丑の日が終わると相場が下がるため、この時期に来年用のものを作りおきするといいます。 牛丼店は、具材でもある牛肉を煮るときの鍋は店舗に一つ、このような意外な事実もあるのですが、牛肉を煮る場所とお客さんに直ぐ提供する肉は仕切りで分かれていて混ざらないようになっている、鍋にはガスで加熱するタイプと電気で加熱するタイプの2種類がありますが、ガス鍋の方が美味しく仕上がるようです。

意外と知らない!?牛丼の具材でもある牛肉を煮る鍋は店舗に一つ

牛丼は日本の人気なファーストフードで、多くの人にとって日常の食事として親しまれています。そのシンプルな構成要素のひとつは単品で調理され、決まった調味料が美味しさの秘訣となっています。特徴的な味わいの源である肉は専用の鍋で煮込まれますが、この鍋は一般的に「牛丼鍋」や「牛煮込み鍋」と呼ばれ、牛肉を柔らかくします。そして香りが豊かに仕上げるために使われるので、プロセスを知ると作ってみたくなります。 品質の高い牛肉を買ってきて調理では薄切りにし、通常では霜降りの入った牛薄切り肉が使用されるため、風味と食感が向上します。醤油ベースのだしは、醤油やみりんなどの調味料で作られただしが注がれますので、お肉自体に深い味わいを与えます。だしの中に入れられ弱火でじっくりと煮込まれますので、このプロセスによって噛みやすくなり、同時に調味料の風味を吸収します。食感が柔らかくなり、だしがしっかりと絡んだら牛丼の具材として使う準備が整います。

牛丼のつゆだくがおいしい理由とは?

牛丼で有名な特殊注文に、つゆだくがあります。これは通が裏メニュー的な使い方をしていたものを、テレビが流行らせてしまったせいで広まりました。つゆだくを頼みたいからという理由で牛丼ブームになったぐらいの存在であり、これほど知名度のある注文方法もなかなかないのではないでしょうか。ただもちろん、おいしいというのも使われた理由です。丼ものである牛丼はかきこんで食べるのがおいしいといわれており、ご飯とお肉を一緒に食べるならつゆがたくさんあった方がいいのは当然でしょう。時間がないサラリーマンなどにその食べ方が受け、早く食べられる上においしく、さらに安いと来ては広まらない方がおかしいのです。あとは全体的に濃い味付けになるのも良いポイントで、客層が濃い味の好きな男性陣ばかりだというのも人気の秘訣かもしれません。女性客が多かった場合には、こうはならなかったはずです。ほとんど牛丼しかメニューがなかったのも、少しでも味付けを変えたいという要望に即していました。

ダイエット中の人も安心!牛丼は意外とヘルシーな食べ物

「牛丼は高カロリーで太る」というイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実は意外とヘルシーな食べ物なのです。ダイエット中の人も安心して食べることができるのです。 牛丼にはたんぱく質が多く含まれています。たんぱく質は筋肉の生成や修復に欠かせない栄養素です。適切な量のたんぱく質を摂ることで、筋肉量を増やし基礎代謝を上げることができます。筋肉をつけることができより効果的に脂肪を燃焼させることができるのです。 ご飯はエネルギー源として必要な炭水化物を提供し、野菜はビタミンや食物繊維を含んでいます。これらの栄養素は体に必要な働きをサポートし、健康を保つために重要な役割を果たしています。 さらに、手軽に食べることができるため外食時にも選びやすいです。外食時は栄養バランスが偏りがちですが、牛丼であればたんぱく質や炭水化物、野菜を一度に摂ることができます。忙しい日常生活の中でも手軽に栄養を摂ることができるのです。

競馬場にある牛丼チェーン店で食べると勝つジンクスがある

世の中には色々な勝利の法則がありますが、競馬場にそれは存在します。ある人が牛丼を食べた後に勝利したことで、徐々にその噂は広がっていき、やがてジンクスになりました。競馬場にある牛丼チェーン店で食べると勝てるという噂は競馬をする人の間ではそこそこ有名ですが、一般的にはあまり浸透していません。特に若い世代は直接競馬場に行く機会は少なく、オンライン上で馬券を購入して、自宅などでレース自体は自宅や職場で視聴することが多いです。そういった若い世代に何の食事が正解というジンクスは重要ではありません。競馬場のグルメは増えており、外食チェーン店に負けないクオリティを発揮している食堂やレストランもあります。食事をする目的で競馬場に訪れることも珍しい話ではなく、ギャンブルだけを楽しむ場所から進化している施設も多いです。牛丼は競馬をする人にとって縁起が良い食べ物とされてますが、違う食品が取って代わる可能性も高いです。

牛丼 お取り寄せに関する情報サイト
牛丼の役立つ豆知識

当サイトでは、庶民の味として多くの人々からの注目を集めている牛丼の役立つ豆知識を幅広くご紹介していますが、今では当たり前のようにお店で気軽に食べることができるこのメニューはどのような歴史があるのでしょうか。原型となるものは明治時代に誕生した牛めし、これを丼に盛り付けたご飯の上にかけて提供されたのが始まりとされます。ここでは、ブランド牛を使えばさらにおいしくなる、チェーン店以外にも専門店でも楽しめるしお取り寄せもできるなどについて解説しています。

Search